鍼灸

  • コンディションケアもお任せ!こんなお悩みありませんか?
  • 同じ部分を何度もケガしてしまう
  • ジョギングによる膝の痛みに悩んでいる
  • スポーツのパフォーマンスを向上させたい
  • ケガをしにくいからだ作りをした
  • ケガをしてしまったが、試合の日までになんとか治したい

スポーツ障害の2つの側面

一般的にスポーツ障害と言うと、野球肩のような使い過ぎによる障害を連想するかもしれませんが、それ以外にももう1つの側面、つまりスポーツによる外傷を挙げることができます。

激しいスポーツに限らず、接触や転倒が起きる可能性のあるスポーツは沢山あります。
強い力が一時的に加わることによって、特定の部位の骨折や捻挫を経験した場合には、「スポーツによる外傷」という扱いになります。

スポーツ障害の主な部位と種類


ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
野球肘、テニス肘等
野球肩、リトルリーガーショルダー等
足底筋膜炎、踵骨骨端症等
シンスプリント、アキレス腱炎等
腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
むち打ち症等

スポーツ障害を抱えたら

スポーツ障害の施術スポーツ障害には専門家による適切な治療が必要となります。
多くの場合4つの基本的な処置がなされます。
4つの処置とは、挙上、圧迫、冷却、そして安静です。
患部を心臓より高く上げること、患部を適切なサポート器具によって圧迫する、または冷やすといった行為が腫れや炎症を防ぐ点で助けになります。
そして一定期間は患部を固定して安静にしておくようにしましょう。
関節可動域に制限がある場合、例えば肘を痛めた場合などは、肘と連動している体の部位も一緒に回復をさせることより、肘自体もより早く治すことができるのです。

スポーツ障害は予防に努めることが大切!

ストレッチが大切です。 いちど患ってしまうと治療には一定期間を要してしまうため、できるかぎり予防策を講じるよう、日々の心がけが必要です。

具体的には、ストレッチをしっかりと行なう、試合前後の運動を忘れないなどの対策を採ることが大切になってきます。 また、間違った姿勢・体勢などはトレーナーに指摘してもらうことにより、スポーツ障害の予防の助けになります。 それでも、少しでも違和感を感じることがあった場合には決して無理をせず、速やかに整形外科や整骨院で専門家の適切なアドバイスを受けるために、受診することをオススメ致します。

施術の流れ

  • 1.ご来院

    優しく笑顔でお出迎えします。受付けにで問診票をお渡ししますのでご記入下さい。

  • 2.問診

    痛み方および日常生活でお困りの点などを、じっくり時間をかけてお聞かせください。

  • 3.検査

    整形外科的検査法などにより分析し、適切な施術方法を提案します。

  • 4.説明

    現在の状態や痛みの原因及び本日の施術内容についてご説明いたします。

  • 5.施術

    状態にあった施術をきちんと同意を得た上でおこなっていきます。

  • 6.今後の施術計画

    これからの施術方針や期間、日常生活での注意点などを説明させていただきます。

  • 7.お会計

    窓口にてお会計になります。次回のご予約も受付けておりますので、お気軽にご相談下さい。

  • 8.お大事に!

    お大事に!スタッフ一同、笑顔でお見送りします。

福岡市東区の本多鍼灸整骨院に寄せられたお客様の声

福岡県福岡市糟屋郡久山町M.Nさん

福岡県福岡市東区香椎 74歳 Aさん

みなさん、あたたかくて、友達に紹介してもらってよかったです。

いつも感謝しています。

お問合せはこちら

本多鍼灸整骨院、092-672-0077.メールフォームはこちらへ
092-672-0077 メールフォームへ googlemap
TOPへ戻る